profile

整理は一生続けるもの 


このことが身に染みて、最近分かってきました。

わたしが整理収納アドバイザー資格を,

取得しようと思った経緯を書かせていただきますね。

【 足し算 】 

人はライフステージが変わります。

                 

独身…  →     1 

結婚…  → 1+1=2 

義母と同居→ 2+1=3 

長男の出産→ 3+1=4 

次男の出産→ 4+1=5 


足し算で同居する人数は5人に増えて、もちろんモノも

増えていくわけです。

子供が楽しみにしている誕生日のプレゼント、

クリスマスのプレゼントと

モノは増える一方です。子供たちが成長期はモノが

どんどん増えるので、放置していたら家は狭くなる一方です。

定期的処分が必要になります。

成長に合わせて衣類やおもちゃ、本、靴、家具類などの

買い替えも考えて。


【 義母の病気 】

同居した義母は病気になって…。

子供が成長するのとは逆にどんどん自分のことが

できなくなりました。

それに伴って介護に必要なモノが増えていきます。

介護用電動ベット、ポータブルトイレは母の部屋で使い、

入浴で必要な介護用品などはお風呂で使いました。

次男が生まれてすぐに、義母が倒れてからずっと

育児と介護の板挟み生活。

モノを整理することまでは全く余裕がありません。

日々の生活でいっぱいいっぱいです。

義母の病気は「パーキンソン病」…難病でした。


脳からの運動神経の指令がうまく伝わらないそうです。


【 引き算 】

その義母が他界して…  

5-1=4

遺品整理。

これはやった人でないと大変さはわかりません。

ヒト1人って結構なモノを持っているので正直驚きました。

自身のモノではありませんので、勝手な判断ができないのが

一番大変でした。


義姉に手伝ってもらいました。

近い身内でなければわからないことがあります。

思い出のモノ、大事なモノ、高価なモノなど。

家具類も処分しました。

                

長男が大学進学で一人暮らし。 

4-1=3

次男が大学進学で一人暮らし。

3-1=2

息子たちがそれぞれ引っ越しをするときに、

自分の必要なモノだけ

持っていきます。

必要と感じていないモノは置いていきます。


わたし「部屋に残ったモノはどうするの?」

息子「とりあえず置いといて。」

わたし「とりあえずっていつまで?」

息子「 …。」


5人から主人と2人の生活になりました。

家の中に使われないモノたちが…。

何とかせねば!

そこで出会った整理収納アドバイザー資格ということです。

Qualification 資格

篠原 さい子

1962年生まれ

愛媛県 松山市在住


◆整理収納アドバイザー1級(2016年)

◆整理収納教育士     (2017年)

◆ポップ広告クリエイター技能者資格

            (実務経験あり)

◆まつやまファミリー・サポート・センター

 介護・育児提供会員(2003年~現在)

Skill

◆整理収納AD二次試験の研究発表が

 優秀作品として選出される


◆2017年整理収納コンペティション

   新人部門予選会出場



◇ 独身時代は

・婦人服専門店で販売

・ショップコーディネーター

・販売促進担当

・ポップ広告クリエイター

・ショップ店長など経験。


◇賃貸マンション経営

愛媛県松山市「ラ・ホーエン」